音響用ハーネス製品の製作を承っております。

AL-Orpheus

AL-Orfeus TOP

(1)芝音研のケーブルについて

芝音研は2011年にJH13Proを購入したことを期に実用できるIEMケーブルの考案を重ねてきました。

IEMケーブルは音が良ければいいというわけではなく、
プレイヤーから耳までの長い距離で線を引き回すため取り回しも不可欠です。
また、断線などの故障のリスクやバランスコネクタ・IEMソケットの規格多様化による
ケーブルの買い替えなどシビアな点が多くあります。

これらの点に対応し,お手持ちのIEMを長く扱えるようにすべく,
芝音研のIEMケーブルの目的を下記のとおりに定めております。
(1)お手持ちのIEMの性能を引き出すこと
(2)お手持ちの環境を長く使えるようサポートに努めること(ケーブル修理・改造などのケアを行います)
(3)ケーブルのコストの削減を実現すること
(※具体的に,ケアでケーブル再生を行い,ランニングコスト・スイッチングコスト等を下げること)

芝音研のケーブルは上記目的に沿ったケーブルの製作を行います。
音質はもちろんのこと,取り回しやスイッチング・ランニングコストの削減なども
製品の性能の一つと考え,IEMを長く使うことをサポートできるような
IEMケーブルを製作したく考えております。

芝音研のIEMケーブルについて詳細は下記のURLにございますので、
当方のケーブルをご検討の際にはお手数ですがご覧頂けましたら幸いでございます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
http://sibaonken.com/about/iem-cable

(2)ケーブルの基本コンセプト

ここではAL-Themisの復習が大半となりますが、
AL-OrpheusもAL-Themisとほぼ同様のコンセプトになります。具体的には下のとおりです。

・低音/高音ともにレンジが広い
・解像度が高く定位も良好なもの
・音場が広いもの
・タッチノイズがほぼ出ずに取り回しの良いもの
・音に温度感がなくクセが少ないもの
・バランスの良さの追求

私の考えになりますがDAC-AMPをつなぐミニミニケーブルのようにIEMケーブルは
とっかえひっかえはしにくいという立場に立っております。
自作カスタムを製作するようになりましたがやはりソケット交換は手間がかかり、
ソケットを痛めてしまうことは避けたほうが好ましいかと思います。
以上の考えから、変なクセはださずに実用・性能に訴求したほうがベターであるという考えを
Orpheusでも継続しております。

またOrpheusの大きな特徴としてバランスの良さに訴求したコンセプトであることです。
従来製品よりも柔らかく・全体域ならびに各帯域ごとでの音のバランス・Themisよりも安価にすること、
ケーブルワイヤーの対応など様々な要素にこだわりを持ちより一層総合力を高めました。
音質はもちろんのこと、使用感や耐久性などIEMケーブルへの煩わしさを感じている方に,
特にお試し頂きたく考えております。

al-orpheus

(3)AL-Themisとの比較

AL-Themisと同様に引き続き軍需素材を利用しております。導体は銀メッキ銅線で、
ジャケットはデュポン社製の高品質の皮膜として知られるテフロンを引き続き利用しました。
Themisと導線の太さは同じですが、皮膜が薄く軟化したため取り回しは向上しました。

Orpheusはバランスに訴求したモデルでThemisのバランスの良さを引き継ぎつつ、
低音・中音・高音域内での聞こえ方についても情報量や音場などムラが生じないように校正を重ねました。
Themisと比較して中高音域は程よくやわらかみがあり中庸的なキャラに仕上がりました。
テフロン皮膜特有の締りのある低音はOrpheusでも現れており制動の効いた低音となっております。
あわせて音像・定位の正確さも維持しておりテフロン皮膜の旨味を取り回しを損なわずに
引き出すことができたように思います。

また、OrpheusはオプションとしてIEMコネクタ側にケーブルワイヤーを搭載することが可能です。
ツイストに練り込むことにより、ワイヤーの機能とデザインを両立することができました。
ワイヤーは芝音研で保有している銀メッキワイヤーを使用し程よい硬さを実現しております。
この硬さは型作り・チューブ破裂の防止を考慮し均衡の取れたものを選択しており、
機能性を重視した作りとなっております。
wire

(4)商品とオーダーについて

-仕様

製品名:AL-Orpheus
長さ:全長約120cm(ハンドメイドで多少の誤差はございます)
分岐長さ:39~42cm
プラグ:下記オプションを参照
コネクタ:下記オプションを参照
色:黒,白,赤(各色透明のチューブ使用,2色ミックスは+¥400)/黒色チューブ,白色チューブ
納期:材料発注より6週間~12週間

-価格とオプション

基本料金:¥12,500

◆プラグ〈括弧内は追加料金です。〉
・3.5mmストレート(標準品/¥0)
3.5mm 3極 PREMIUM-Carbon (¥2,500) 〈推奨品〉
・芝音研 3.5mm(¥800)〈おすすめ〉
・3.5mmカーボン ストレート(¥1,100) 〈おすすめ〉
3.5mm テルル銅カーボンシェル(¥2,200)〈おすすめ〉
・3.5mmL型(¥900)
・3.5mmカーボン L型(¥1,400) 〈おすすめ〉
・P3.5G ストレート(¥550) { Fitearに}
・P3.5G L(¥850){ Fitearに}
3.5mm 4極 PREMIUM (¥2,800) 〈推奨品〉
・芝音研 3.5mm4極(¥980)〈おすすめ〉
・3.5mmカーボン 4極 ストレート(¥1,500) 〈おすすめ〉
・P3.5/4G (¥1,00){ Fitearに}
・3.5mm 4極 L型(¥1,000)
2.5mm 4極 PREMIUM-Carbon (¥2,800) 〈推奨品〉
・芝音研 2.5mm4極(¥980)〈おすすめ〉
・2.5mm4極 カーボン(¥1,250)〈おすすめ〉
・P2.5/4G(¥2,000){ Fitearに}
・2.5mm4極(¥250)
・4.4mm 5極 トープラ製 (¥2,000)
・4.4mm 5極 カーボン(¥2,400)
・4.4mm 5極 日本ディックス (¥5,200)
4.4mm 5極 日本ディックス OFC (¥10,000)
・IRISコネクタ(¥800)
・ヒロセコネクタ(¥800)
・3.5mm * 2 ソニーバランス(¥700)
・3.5mm * 2 ソニーバランス高品質(¥2,600)
・その他(ご相談ください)

◆コネクタ〈括弧内は追加料金です。〉
・CIEM 2Pin (埋込対応/¥0)
・CIEM 2Pin PREMIUM テルル銅(埋込対応 ¥2,800)
・MMCX(¥550)
・Fitear(¥2,800)
・ER-4S 100Ω(¥3,500)
・UE CIEM 凸型埋込コネクタ(¥1,000)
・ER-4s[100Ω](¥3,500)
・TF10Pro 2Pin (¥250)
・IE8/IE80コネクタ(¥600)
・EX1000コネクタ(¥2,800)
・2.5mm3極 ロック機構対応プラグ(¥1200) 〈Signature Pro,HD598,KNS8400など対応〉
・3.5mm ヘッドホン片側出 (¥600)
・その他(ご相談下さい)

◆オプション
・IEMコネクタ部ワイヤー(¥680)

◆発送方法
・クリックポスト(¥200)
・レターパックライト(¥380)
・宅急便(着払い 関東発,1kg未満,60サイズ)

◆IEMケーブルに関してよくあるご質問
http://sibaonken.com/iemcable-q-and-a

(2016/08/28 更新)