音響用ハーネス製品の製作を承っております。

【4.4mm5極付替】Acoustune HS1003のメンテナンス

Acoustune HS1003 (1)
Acoustune HS1003を4.4mm5極プラグへと付け替えいたしました。
電線は布巻+ゴム質の皮膜。内部は4芯のリッツ線で,各種バランス規格のコネクタへ
付け替えが可能でございます。

4.4mm5極プラグですが,電線がリッツ線4芯でツイストされているため,
R+,R-,L+,L-は通常どおり使用。シールドはないためGNDは使用せず付け替えをしました。

Acoustune HS1003 (2)

リッツ線の処理には溶剤を使用してはんだづけ可能な状態にしています。
ライターであぶったり,やすりでけずったりする方法もありますが,
電線が傷んだり,品質が均一にならなかったりなどありますので,
溶剤を使用した処理をいたしました。

ゴム被膜・ゴム被膜の末端部は熱収縮チューブを当てて,
ほつれやほどけを防止しています。加えて,プラグのカシメ処理では
器具を使用して圧を掛けて皮膜のほつれの防止をしております。

Acoustune HS1003 (3)

プラグ付け替え後は上の通りです。使用に伴い3.5mmプラグでほつれがあった箇所を
メンテナンスを通じて補修できました。細かいところでありますが,
改造メンテナンスを通じてちょっとした補修や修理をできることも
醍醐味のひとつであると思います。


芝音研では,当方製品のほか,他社製品のメンテナンスもしております。
長く,良い音でお使いいただくためのお手伝いをできましたら幸いでございます。
お手持ちのIEMケーブル,イヤホン等でお困りのことがございましたら
下記URLよりご相談くださいませ。

IEMケーブル メンテナンス(修理・改造)のご案内
http://sibaonken.com/maintenance